漫画【イジメの時間】ネタバレや感想を綴ります。無料試し読み情報も!

イジメの時間【ネタバレと感想】

ネタバレ

イジメの時間1巻ネタバレ 10話の感想【鈴木山達が本性を現す】

更新日:

イジメの時間 10話 ネタバレ
イジメの時間10話ネタバレ

 

こんにちわ~!こんばんわ~!
漫画専門ブロガーの凛子です!

 

今日も
イジメの時間を読んだ感想を
書いていこうと思います。

 

さて、
前回9話のお話で
柴崎先生が歩にあれこれ質問します。

 

イジメの時間9話はこちらをどうぞ

>>イジメの時間1巻ネタバレ 9話の感想

 

そのことで
歩と鈴木山達の関係は
どうなってしまうのでしょうか?

 

イジメの時間は
無料で試し読みできます。

まんが王国なら
1巻まるまる無料ってこともありますので
チェックしてみてくださいね!

サイト内で【イジメの時間】と検索!

▽    ▽    ▽

 

>>まんが王国で試し読み<<

 

では、
イジメの時間10話のネタバレ
始めます!

 

イジメの時間 10話のネタバレ

柴崎先生の進路指導から解放された歩は
職員室を後にする。

 

柴崎先生も
自分が思っていたような答えを
聞けなかった様子だった。

 

「気は済みました?」

 

他の女性教員が柴崎先生に話しかける。

 

「思ったのとは違う回答だった様ですね」

 

「はは、キミの言う通り・・」
「俺の思い過ごしだったらしい・・」

 

女性教員は柴崎先生へ
勝手な行動は教員生活に影響すると忠告する。

 

一方、歩は鈴木山達と一緒にいた。

 

「へぇ、じゃあ俺たちの話はなかったって事か」

 

「う・・うん・・」

 

嘘をつく歩。

 

静かに若保囲が口を開く。

 

「ペナルティ1だな」

 

「え・・!?」

 

若保囲の言った言葉に驚く歩。

 

「なにつまんねぇウソついてんの?オマエ」

 

鈴木山が怒りを露わにする。

 

その表情にビビる歩は
必死に言い訳をしようとする。

 

「いや・・僕はただ・・!!」

 

歩が言い訳をする前に
鈴木山が遮る。

 

「ただ俺らの気を悪くしねぇ様にってか?」
「そんくれぇ分かってるよ」

 

歩の言い訳を見抜いていた鈴木山だが、

 

「だとしてもウソはウソだ」
「裏切り行為に変わりねぇ、ペナルティ1だ」

 

青ざめる歩は
恐る恐る鈴木山に聞く。

 

「な・・なに?その・・ペナルティって・・」

 

若保囲が答える。

 

「は・・単純な事」
「仲間裏切ったらペナルティを負って償うって事さ」
「当然な仲間ルールだろ?」

 

歩は気が付いた。

 

(いつの間に僕も・・?)
(バッティングセンターに行ったって事で?)
(先生に言わなかったから認めた=仲間って事!?)

 

そんな思いを巡らす中、
廊下を猛ダッシュで須田が駆け寄ってくる。

 

「あったよサイダーオレ!!」
「これの事だったんだね!!」

 

須田の持ってきたものは
カルピスソーダだった。

 

「いや?ちげぇし」
「なに勝手に違うやつ買ってきてんのオマエ?」

 

鈴木山が須田に詰め寄る。

 

「これでペナルティ3万超えたわ」

 

歩はそんなやりとりを見て愕然とする。

 

(ペナルティ・・?)
(こ・・これって・・僕の・・)

 

(僕の・・未来・・?)

 

イジメの時間 10話の感想

やはり鈴木山達はゲスでしたね。
本性を表してきたって感じでしょうか?

 

きっと
何かをキッカケにして歩に
どんどんペナルティを科せる気だったんでしょう。

 

いじめをする輩っていうのは
考えている事が子供じみているというか
ろくなことを思いつきませんね。

 

おそらく今後は
歩は事あるごとに
ペナルティを告げられてしまうのしょう。

 

しかし
歩は須田みたくならないように
ペナルティ地獄から脱する事ができるのでしょうか?

 

今後の話の行方に注目です!

 

イジメの時間は
まんが王国で無料試し読みできますので
読んでみてはいかがでしょうか?

 

試し読みなら会員登録も必要ありませんので簡単です!

 

サイト内で
【イジメの時間】と検索してみて下さい。

▽    ▽    ▽

 

 

続きの話はこちら

>>イジメの時間1巻ネタバレ 11話の感想

-ネタバレ
-, , , , ,

Copyright© イジメの時間【ネタバレと感想】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.