漫画【イジメの時間】ネタバレや感想を綴ります。無料試し読み情報も!

イジメの時間【ネタバレと感想】

ネタバレ

イジメの時間8巻ネタバレ 80話の感想【歩の命令に鶴巻は?】

投稿日:

イジメの時間 8巻 ネタバレ
イジメの時間8巻ネタバレ

こんにちわ!コミックブロガーの凛子です。

 

今日も、
イジメの時間8巻の
ネタバレと感想を綴っていきたいと
思います。

 

鈴木山だけでなく、
鶴巻も巻き込み監禁する歩。

 

歩の復讐は
誰も止めることはできないのでしょうか?

 

イジメの時間7巻ネタバレはこちら

 

イジメの時間を読むなら
まんが王国がいいですよ。

 

無料の試し読みでも
他の漫画サイトに比べて
多いように思います。

 

気になったら
覗いてみてくださいね。

 

▽     ▽     ▽

>>まんが王国で試し読み<<

 

イジメの時間8巻 80話のネタバレ

鶴巻に鈴木山の下の世話をさせ
歩は鶴巻を粘着テープで拘束する。

 

拘束しながら歩は鈴木山に言う。

 

「そういえば聞いたよ」
「鶴巻がコクって来たのギャグだったんだってね」

 

ハッとする鈴木山。

 

「ねぇ、どう思う?」

 

そう言いながら
歩は鈴木山にスタンガンを近づける。

 

「す・・すいません・・」
「すいません・・」

 

必死に謝る鈴木山。
その姿を鶴巻は意外そうに見る。

 

「なに?」
「よく聞こえないなぁ」
「いつもみたいに様づけでもっとハッキリ謝ってくんないかなぁ!?」

 

鈴木山に
鶴巻の前で屈辱的な謝罪を要求する歩。

 

「す・・すいませんでした!天童様!」

 

鈴木山は歩に謝罪する。

 

しかし、次の瞬間。

 

歩の蹴りが鈴木山の顔面を捉える。

 

ガゴォッ

 

「ンフッ・・!!」

 

鈴木山の鼻から流血する。

 

「ま・・真次郎・・」

 

鶴巻が鈴木山を心配するように
声を掛ける。

 

「それどころか」
「今日なんて気持ち悪いとか言われてさぁ」
「さすがに傷ついたよね」

 

歩は鶴巻の方を見て言った。

 

何かを察した鶴巻は
歩に許しを請う。

 

「ご・・ごめんなさい・・!」
「ごめんなさい・・!ごめんなさい・・!」

 

鶴巻の謝罪を無視し
歩は鈴木山の顔面を思い切り殴った。

 

「ご・・ふ・・!!」

 

鈴木山の顔面は
血だらけになる。

 

「・・・!!真次郎・・!!」

 

歩はさらに殴ろうと
鈴木山に拳を振り上げるが
鶴巻が間に入る。

 

「やめて!!」

 

歩の拳は寸前で止まった。

 

「お願い・・もうやめて・・」
「やめでぇぇぇ!!」
「おでがいぃぃぃ」

 

鶴巻が歩に懇願する。

 

「私ならなにされてもいいから・・」
「どんな事でもするからぁぁ」
「お願いします・・」

 

歩の中で何かが切れた。

 

「ざけんなぁっ!!」

 

歩が鶴巻を蹴り上げる。

 

ドカッ

 

「うっ・・ぐ」

 

倒れる鶴巻に歩の罵声が飛ぶ。

 

「なにがもうやめてだ・・勝手な事言いやがって」
「立場が逆転した途端被害者ヅラとかしてんなよ!!」

「何もしていない被害者だけが・・」
「一方的に苦しむなんておかしいと思わないのかよ!」

 

歩の言う言葉に何も返せないふたり。

 

しばらく沈黙が続いた後、
静かに歩が口を開く。

 

「お前・・」
「若保囲がいる病院に行って」
「アイツ殺してこい」

歩が言った言葉に
目を見開く鈴木山。

 

「もし逆らったらどうなるか・・」
「分かるよな」

 

鶴巻は鈴木山を助けるために
若保囲を殺すのか?

 

イジメの時間8巻 80話の感想

ついに鶴巻も
歩の復讐の手に掛かりましたね。

 

歩はもはや
誰にも止められないのでしょうか?

 

もしかしたら
鶴巻を若保囲のいる病院へ向かわせた後
鶴巻が誰かに助けを求めるかもしれませんね。

 

ただ、
これまで歩にしてきた事を考えれば
調子が良いとも思えます。

 

イジメをしたところで
誰も得しないって事ですね。

 

鶴巻は本当に
鈴木山のために若保囲を殺すのでしょうか?

 

鈴木山にとっては、
若保囲は親友のはずですからね。

 

そこはかなり葛藤すると思われます。

 

話の続きは
まんが王国で読んでみてくださいね。

 

サイト内で
イジメの時間と検索すると
イジメの時間の1巻~最新巻まで
チェックできますよ。

 

▽    ▽    ▽

 

-ネタバレ
-, , , , ,

Copyright© イジメの時間【ネタバレと感想】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.