漫画【イジメの時間】ネタバレや感想を綴ります。無料試し読み情報も!

イジメの時間【ネタバレと感想】

ネタバレ

イジメの時間10巻ネタバレ 102話の感想【鈴木山死す!?】

更新日:


イジメの時間 10話 ネタバレ
イジメの時間10話ネタバレ

 

どうも!
こんにちわ!こんばんわ!
凛子です。

 

イジメの時間10巻が
ついに配信されたので
早速読んでみましたよ!

 

イジメの時間9巻では、
鈴木山達を殺そうという歩の覚悟が見えます。

 

イジメの時間9巻のネタバレはこちら

 

イジメの時間10巻で、
歩もいよいよ鈴木山に手を下すか!?

 

イジメの時間の最新刊も
試し読みが出来るので
気になったら読んでみて下さいね!

 

▽   ▽   ▽

 

>> イジメの時間を試し読み <<

 

それでは、
イジメの時間10巻を
ネタバレチョイ出ししつつ
感想を書いていきます!

 

イジメの時間10巻 102話のネタバレ

「明日だ」

 

「明日ここでお前を殺す」

 

拘束されて倒れた鈴木山を見下し
歩は死の宣告をする。

 

『殺す』と言われた
鈴木山の表情がこわばる。

 

「実は今日鶴巻にハメられそうになってね」
「おかげで僕もさらに固く決心できた」

 

鈴木山を殺すという
固い意志を持った歩に
鈴木山は反論も出来ない。

 

これまでの自分の罪を後悔して
苦しんで死ねと言う歩。

 

そして、
他の連中にも手を下したいと言う歩。

 

そのために
罪を軽くするように
シナリオを考えたという。

 

歩は淡々と
自分の考えたシナリオを
鈴木山に聞かせる。

 

歩が言うには、
狂った鈴木山と鶴巻が
殺し合ったというシナリオにするようだ。

 

歩が鈴木山に対してした仕打ちは
鈴木山から身を守るための護身だとして
罪を軽くするつもりのようだった。

 

歩は、
例えバレても自分が殺されるより
マシな未来が待っていると鈴木山に言った。

 

それほどに歩は
鈴木山を殺す覚悟は出来ていた。

 

「ふふっじゃあまた明日」

 

歩が監禁部屋から出ていこうとした時、
鈴木山が口を開いた。

 

「た・・助け・・て・・」
「助けて・・下さい・・」

 

鈴木山が歩に言った。

 

「本当に・・」
「本当に・・ごめんなさい・・」

 

それを聞いた歩は立ち止まった。

 

「ふっ・・」

 

歩は鈴木山のそばまで行くと
鈴木山の頭を踏みにじった。

 

「う・・うう」

 

うめき声をあげる鈴木山。

 

頭を踏みながら歩は言った。

 

「さっきの話、聞いてなかったのか?」
「お前が明日死ぬのは自分の犯した罪の代償を払うためだ」
「助けってなんだ?」

 

鈴木山の頭を足で踏みつけながら話す歩。

 

「まさかお前・・」
「代償を踏み倒して逃げるつもり?」
「それって確か・・」
「さらに罪を重ねる事になるんじゃなかった?」

 

いじめられた過去に
歩が鈴木山に言われた事を言い返す歩。

 

鈴木山も歩に言った事を思い出し、
必死に謝罪する。

 

「う・・それは・・すみませんでした・・」
「無茶苦茶言って・・ました」
「もう一度だけ・・やり直させて・・下さい・・」

 

鈴木山の謝罪は受け入れる気はない歩。

 

「相変わらず頭悪いね・・」

 

歩は鈴木山に言った。

 

理不尽な暴力で何もかも奪われたのに
やり直しが出来ると思うのかと。

 

それは、鈴木山も同じだった。

 

幼少期に親から虐待を受けていた鈴木山は
歩の言った事が理解出来た様子だった。

 

「う・・うううっ」

 

そして、
鈴木山の目から涙がこぼれ落ちた。

 

鈴木山は何を思い泣き出したのか?

スポンサーリンク

イジメの時間10巻 102話の感想

イジメの時間10巻はいかがでしたか?

 

歩は本当に鈴木山を殺してしまうのか?
最初の頃の優しそうな歩の面影は
もうどこにもありませんね。

 

飼い猫のワーと戯れていた頃の
歩の表情が好きでしたが
今では別人のように変わってしまいました。

 

本当にイジメは
人の人生を狂わせてしまいます。

 

それは、
加害者と被害者と両方に言えることですね。

 

この漫画を読んでいると、
イジメは悲しみと憎しみしか生み出さないと感じます。

 

出来ることなら
優しかった歩に戻って欲しいとは思いますが
歩の言うようにやり直しが出来ないのでしょう。

 

イジメの時間は
無料で試し読み出来ますので、
歩の具体的なシナリオが知りたい方は
ぜひ読んでみて下さいね!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ネタバレ
-, , , , ,

Copyright© イジメの時間【ネタバレと感想】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.