漫画【イジメの時間】ネタバレや感想を綴ります。無料試し読み情報も!

イジメの時間【ネタバレと感想】

ネタバレ

イジメの時間1巻ネタバレ 3話の感想【歩達は須田を救うのか?】

更新日:

イジメの時間 3話 ネタバレ

イジメの時間3話

 

こんにちわ!
コミック中心にブロク書いてます。
凛子です。

 

今回も
前回の続きから書いていこうと思います。

 

前回のお話はこちらから▽

過去記事>>イジメの時間1巻ネタバレ 2話の感想【歩の人生が狂い始める】

 

偶然にも
鈴木山達が須田をフルボッコにしている姿を見かけます。
歩達は鈴木山達を止めるのか!?

 

イジメの時間は、
無料で試し読みできますよ。

▽  ▽  ▽

まんが王国で【イジメの時間】を検索!

 

イジメの時間 3話ネタバレ!

パシリにされた須田を追いかけた先で
歩と信二は鈴木山達が須田を袋叩きにされている場面の遭遇する。

 

「ヤバくね?誰か先生に言ってこなきゃ!」

 

信二は助けを呼びに行こうとするが、
運悪く若保囲に気付かれてしまう。

 

「オイ天童!そこで何してんだ?こっち来いよ」

 

「・・・」

 

歩と信二は顔を見合わせる。
信二の「大丈夫」というような表情に安心する歩。

 

そして、
歩と信二は鈴木山と若保囲のそばまで向かう。

 

「あ・・あのさ」
「鈴木山の筆箱のこと聞いたんだけど・・」

 

信二は歩の誤解を解こうと鈴木山に話しかける。

 

「あ?」

 

鈴木山の威圧的な態度に構わず信二は話を続ける。

 

「あれはどう考えても歩じゃねぇし」
「それだけはハッキリさせたくてさ」

 

信二の言葉に歩も続く。

 

「う・・・うん」
「本当に違うから・・きっと誰かが間違って入れたんだよ」
「だから・・その・・」

 

歩はしどろもどろになりながらも
鈴木山に弁解する。

 

「くく・・・」
「んな事もうどうでもいいんだよ」

 

鈴木山がそう言ったのを聞いて
安心する歩と信二だった。

しかし、

 

「そんな事より」

 

と、鈴木山が言うと、
倒れていた須田の髪の毛を
鷲掴みにして無理やり立たせようとする。

 

「オラ!立て須田!」

 

だが、
今まで殴られ蹴られた須田は
立とうにも足がふらついて
なかなか立つ事ができない。

 

そんな須田に鈴木山は苛立つ。

 

「・・はやく・・しろやコラッ!」

 

またも須田を殴る鈴木山に
ビビる歩と信二。

 

ふらつきながらも立った須田の肩に
手を回す鈴木山。

 

「勘違いされても困るから一応言っておくけどよ」
「俺ら別にコイツをイジメているわけじゃねぇんだぜ?」

 

言葉を失う歩と信二だが、
鈴木山は構わず話を続ける。

 

「コイツは殴られるのが好きなんだ」
「いわゆるドMってやつさ」
「なぁ須田。お前も言ってやれよ」

 

鈴木山と須田のやりとりに
若保囲が口をはさむ。

 

チクるのなんかやめて2人とも俺を殴ってくれ。だろ?」

 

若保囲が須田に詰め寄る。

 

須田は若保囲の無茶な要求に
どう答えるのか?

 

また、一部始終を見ていた
歩達はどう出るか?

 

イジメの時間 3話を読んだ感想

この3話では、
信二の勇気ある行動に拍手です。

 

友達のためとは言え、
なかなかできる行動ではないですよね。

 

とは言え、
鈴木山と若保囲の鬼畜っぷりには
本当にクズだなとイラッとしますね。

 

須田もやられっぱなしじゃなく
もっと抵抗していいと思うのは私だけでしょうか?

 

いつか須田が
鈴木山と若保囲をぶん殴る場面を見てみたいです笑

 

イジメの時間は
まんが王国で無料で試し読みできるので
気になった方は読んでみて下さいね。

 

サイト内で【イジメの時間】で検索!

▽  ▽  ▽

 

 

イジメの時間 4話のネタバレはこちら

>>イジメの時間1巻ネタバレ 4話の感想【須田は本当にドMなのか?】

 

-ネタバレ
-, , , , ,

Copyright© イジメの時間【ネタバレと感想】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.